【全・日】本所サブタイトル

皮革技術センター [ 皮革全般 ]

H1

革製品の手入れ「ワンポイントアドバイス」

コンテンツ

革靴

○新しいうちからお手入れを

  • 新しいうちに、靴クリームを塗っておくと、汚れを防ぐことができます。
  • スエード等の起毛革は、防水スプレーが汚れの防止に役立ちます。
  • 手入れ剤の説明書を読んで、革の種類に適した靴クリームを選ぶ必要があります。

○雨に濡れたら早めに拭き取り乾燥

  • 革表面の水滴をタオルで拭き取り、靴の中には新聞紙を入れ、湿気を吸い取ります。
  • 型崩れを防ぐため、シューズキーパー等で形を整えてから陰干しします。
  • 濡れた革は熱に弱く、直射日光やドライヤーの熱で収縮するので注意が必要です。
  • 乾燥後、靴クリームを塗り込み磨きます。

靴クリームを塗っている様子

○靴にも隔日休養

  • 同じ靴を毎日履くより、2足以上を交互に履く方が、長持ちします。

バッグ

○水は大敵

  • 革本来の風合いを生かした仕上げは水に弱いので、水濡れを避ける必要があります。
  • 水に濡れたら、水滴をタオルで拭き取り、形を整えて、風通しの良い場所で陰干しします。部分的に硬化することがありますので、指定のクリームを布で軽くすり込みます。

○日々のから拭き、適度な休養

  • 手あかや汗で汚れが目立ってきたら、専用クリーナーで軽く拭き取ります。クリーナーは試し拭きをして、異常の有無を確認してから使用します。
  • 起毛革の汚れ落としは、ブラッシングや消しゴムタイプのクリーナーが有効です。

革製のバッグ

○保管はカビと型崩れにご用心

  • バッグの中の物(マジックインキ、ライター、香水、化粧品等)を取り出します。液体やガスが漏れて、しみの原因となることがあります。
  • 水に濡らした後かたく絞ったタオルで良く拭き、カビの原因となる汚れを落とし、天気の良い日に陰干しします。
  • 型崩れを防ぐために詰め物をし、一つ一つ他の製品と接触しないようにして、通気性の良い不織布袋等に入れて保管します。
  • 防虫剤は変色などの原因となりますので、注意が必要です。

革衣料

○汚れない工夫を

  • スカーフやマフラーを着用することにより、襟汚れの防止になります。
  • 防水スプレーも水濡れや汚れの防止に役立ちます。

○汚れは軽いうちに、クリーニングは元に戻らないことを念頭に

  • 汚れは軽いうちにブラッシングや消しゴムで落とします。ベンジン等の溶剤は使用できません。市販のクリーナーは、見えない部分で確かめて、少量ずつ使います。
  • 汚れがひどくなりクリーニングに出す場合は、色調や風合いに変化が生ずることを念頭に、皮革クリーニングの専門業者を選ぶ必要があります。

○水は大敵、乾燥は日陰でゆっくり

  • 雨に濡れたら、乾いたタオルで水分を拭き取り、天気の良い日に陰干しします。

革製のジャケット

○保管は型崩れや色移り、湿気にご用心

  • カビや変色を避けるため、湿気を避け、日光や蛍光灯の光が入らない場所に保管します。
  • 服のサイズに合った大きさで厚めのハンガーを選び、ゆったりと吊るし、型崩れや色移りを防止します。
  • カバーは通気性の良い不織布のカバーとし、湿気を防ぎます。
  • 塩化カルシウムの除湿剤は、吸湿の効果は高いですが、湿気を吸って液状になり、それが革に付着すると収縮硬化して元に戻らなくなりますので、注意が必要です。