【全・日】本所サブタイトル

皮革技術センター [ 皮革全般 ]

H1

研究成果の概要

コンテンツ
テーマ ライニング用革の性状調査 -耐摩耗性と透湿性-
計画 平成25年度
目的 豚革はかつて大半を輸出していたが、アジア諸国等の追い上げによりその輸出は激減し、販路を国内市場に転換してきた。しかし、国内の皮革市場も、低価格製品は発展途上国からの輸入品に、また高級品は主にヨーロッパのブランド品に占有されている。このような厳しい状況のなかで、国産豚革の需要を拡大するためには、豚革の良さを明らかにしてPRしていく必要がある。したがって、本研究では、ライニング用革について、豚革の優れた特徴とされる耐摩耗性と透湿性の面から、性状を明らかにすることを目的とする。
内容 ライニング用革について、豚革のほかに、その他の畜種についても収集し、耐摩耗性及び透湿性の試験を行って性状を比較する。製品として型抜きされた部材についても可能な限り入手し、試験を行う。
平成25年度:ライニング用素材の収集、品質評価
成果 豚革の優れた特徴を明らかにすることにより、国産豚革の良さをPRすることが可能になり、需要の拡大に繋がる。また、市場に出回っている革の性状が明らかになれば、新たな技術開発の可能性に繋がる。